「濁手枝垂桜文皿」|専門店だから高額買取。酒井田柿右衛門の陶磁器を高価査定しております。

「濁手枝垂桜文皿」

酒井田柿右衛門

酒井田柿右衛門 濁手枝垂桜文皿|作品:#19

●作品名:「濁手枝垂桜文皿」
・技法:陶磁器
・買取時期:2013年5月

酒井田柿右衛門 作品の売却をご検討のお客様へ

酒井田柿右衛門の陶磁器は市場価値が高い為に、当社では他社に比べてもより高い査定額のご提示・高額買取に努めさせて頂いております。酒井田柿右衛門「濁手枝垂桜文皿」をお持ちで、現在、売却をご検討のお客様は是非、アート買取協会まで御相談ください。他の買取会社よりも高い買取を頑張らせて頂きます。   

酒井田柿右衛門の作品価値と買取相場

「濁手枝垂桜文皿」の作者として有名な酒井⽥柿右衛⾨は、17 世紀から15 代続く有⽥焼の名⾨窯元の名跡(みょうせき)です。
初代は乳⽩⾊(濁⼿)の地肌に⾚⾊系の上絵を焼き付けた、柿右衛⾨様式の作⾵を確⽴しました。その優雅で気品⾼い作品群は、ヨーロッパの王侯貴族を魅了し、現在に⾄ります。
柿右衛⾨の作品は、国内外の博覧会・展覧会で多くの受賞歴があり、時代を越えて⽀持を集めています。柿右衛⾨様式の作品は数多く存在しますが、その中でも酒井⽥柿右衛⾨が制作した「濁⼿」は⼈気が⾼く、⾼額買取対象となっています。

アート買取協会ではフォーム・電話による買取査定以外にも、メールでも簡易査定を実施しております。

選べる3つの買取査定方法